1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. Eコマース
  6. >
  7. ニュースの詳細

京東が実際に注文された商品をドローンで配送。直線距離5キロの輸送に成功。

2016年6月10日Eコマース騰訊科技

2016年6月8日、京東は江蘇省宿遷市の農村地区でドローン配送のテストを公開した。今回の配送テストで披露されたドローンは3種類で、積載重量は10~15kg。自動で荷受け・荷卸しが可能なモデルで、運航距離は5キロに達する。

京東はこれまでもドローン配送に関して大々的なPRを行ってきたが、今回の配送テストでは農村地区の住民が実際に京東で注文した商品が利用されたことで注目を集めた。この日、京東のドローンは宿遷市曹集鄉から飛び立ち、直線距離5キロを約10分で飛行して、孫莊鄉村まで商品を無事に届けた。この区間は地形の起伏が激しく、道路の両脇に農民が農作物を干していたりして、車両による移動が不便な地域だ。宿遷市では今後もドローンによる配送テストを続けていくという。

京東がドローン配送で目指しているのは農村地区における配送効率の改善である。農村地区は人口密度が低く、大都市のように多くの注文があるわけではない。しかし現状では注文が少ししかないとしても、配送員はトラックを運転して商品を届ける必要がある。農村地区の道路状況が悪いことも相まって、配送員の時間的ロスは大きい。特に雲南省や貴州省などの険しい山間地区では直線距離15キロの配送に半日近くかかる場合もあるが、このような地区においてもドローンは最短距離で移動できる。京東は農村地区の配送にドローンを活用することで配送効率を高め、配送コストを削減することを目論んでいる。

現在までに京東は中国内の4省でドローンの空輸許可を得ている。次に京東が目指すのは45キロを往復するドローン配送を成功させることだ。

関連ニュース

2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
9月27日、携程が上海東方匯融信息技術服務有限公司の完全子会社化を通して、決済サービスのライセンスを取得する予定であることを発表した。このニュースを受けて、米ナスダックに上場している同社の株価は8.…
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/6/19
テンセントが2016年5月の人気アプリTOP10を発表。動画ライブ配信などのユーザー生成コンテンツが人気。
2016年6月17日、テンセントが運営するスマートフォンアプリストアの応用宝は2016年5月のアプリランキングを公開した。このランキングはテンセントが毎月発表しているもので、更新日・期間ダウンロード…
2016/5/19
微信支付が電子領収書の発行機能を追加。ユーザーはレジで2次元バーコードをスキャンするだけで電子領収書を受領。
5月17日微信は北京で開催した微信支付参加店舗向けのセミナーにおいて電子領収書発行機能を発表した。中国において領収書は発票(ファーピャオ)と呼ばれ、日本のように事業者が自由に発行できるものではなく、…
2016/4/18
ネット宅配サービス京東到家とクラウド型物流プラットフォーム達達が合併の最終協議に入る。合併後もそれぞれ独立した運営を継続。
京東グループは、同社傘下のネット宅配サービス京東到家がクラウド物流プラットフォームの達達と合併の最終協議に入ったことを発表した。合併協議完了後に、京東グループは2億米ドルを新会社に出資し、株式の47…
2016/4/9
京東商城とヤマトが提携し、越境ECサービスを開始。日本の商品を最短4日で中国へ配送。
京東商城はヤマトホールディングスと提携し、日本の商品を最短4日で中国の消費者へ届ける越境ECサービスを2016年5月から開始することを発表した。日本から中国への輸送および中国の通関手続きはヤマトホー…