1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. O2O
  6. >
  7. ニュースの詳細

北京の公共交通機関で「エアカード」が始まる。スマートフォンのNFC機能を利用して地下鉄やバスが乗車可能に。

2016年5月27日O2O騰訊科技

2016年5月25日、北京市公共交通機関のICカード(一卡通)を管理する市政交通一卡通公司は、通信キャリアと提携して「エアカード」のサービスを開始することを発表した。「エアカード」は、従来の非接触型ICカードの代わりに、NFC(近距離無線通信)が搭載されたスマートフォンを利用して、公共交通機関に乗車できるようになるサービスだ。簡単に言えば、ICカードを持ち歩かなくても、スマートフォンを改札にかざして地下鉄に乗車したり、スマートフォンでタッチしてバスの運賃を支払うことができるようになる。

「エアカード」の利用にはNFC機能を搭載したスマートフォンと、通信キャリアで発行される一卡通機能のついたSIMカードが必要だ。ただし中国国内でNFC規格が統一されていないため、通信キャリアが指定するスマートフォンを利用する必要がある。華為、魅族、サムソン、小米など、大手メーカーが販売するAndroidモデルの多くは問題ない。アップルはNFC機能をサードパーティに開放していないため、現時点でiPhoneでこのサービスを利用することはできない。

関連ニュース

2016/5/6
小米が日本人ユーザー向けにTwitterアカウントを開設。次期OSのMIUI8で日本語をサポートとの噂も。
小米は日本人ユーザー向けにTwitterアカウントを開設し、「こんにちは、XiaomiJapanです。弊社では、モバイル端末や家電などを開発、販売しています。」と最初のツイートを投稿した。小米が開発…
2016/5/5
小米が独自の広告配信プラットフォームを開始。1億人の小米ユーザーに直接ターゲッティング。
2016年5月3日、小米は同社スマートフォン内の広告スペースを販売する広告配信プラットフォーム「小米営銷」を正式にサービス開始した。小米営銷は、同社のスマートフォンで利用されているAndroidベー…
2016/3/10
ファーウェイが独自のモバイル決済サービス「Huawei Pay」を発表。
2016年3月9日、ファーウェイ(HUAWEI)が独自のモバイル決済サービスを開始することを発表した。サービスの名称は、アップルやサムソンのサービスと同じ形式で、「Huawei Pay」と名付けられ…
2016/1/29
テンセントの微衆銀行はアリババの螞蟻金服には遠く及ばない?直近の評価額55億米ドルと期待に届かず。
テンセント傘下の微衆銀行(ウェイジョン)は4.5億米ドルの追加資金調達の合意に迫っており、現在の評価額は約55億米ドルと報じられている。情報筋によると今回の資金調達に参加するのはプライベートエクイテ…
2015/11/6
京東商城が中国産スマートフォンのランキングを発表。360奇酷が大躍進で4大勢力「華奇小魅」の一角に食い込む。
11月1日京東商城は同サイトが実施したセールでのスマートフォン販売数量を発表した。中国産スマートフォンでは小米(シャオミ)が首位で、華為(ファーウェイ)、魅族(メイズ)、奇酷(チークー)がその後に続…