1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. フィンテック
  6. >
  7. ニュースの詳細

微信支付が電子領収書の発行機能を追加。ユーザーはレジで2次元バーコードをスキャンするだけで電子領収書を受領。

5月17日微信は北京で開催した微信支付参加店舗向けのセミナーにおいて電子領収書発行機能を発表した。中国において領収書は発票(ファーピャオ)と呼ばれ、日本のように事業者が自由に発行できるものではなく、税務機関から購入した専用用紙を用いて発行する必要がある。

レストランで食事をする時など領収書が必要な機会は多い。しかし従来の紙の領収書は環境に優しくないだけではなく、発行時に従業員に宛名を伝えてから記入してもらうなど時間の無駄も多い。今回微信が発表した「発票通平台(領収書発行プラットフォーム)」を使うと、レジでレストランが提示する2次元バーコードをスマートフォンでスキャンするとすぐに電子領収書が発行される。京東商城やバーガーキングなどは既にこのサービスを導入している。今後電子領収書の発行に対応する企業は更に増えていく見込みだ。

電子領収書を受け取ったユーザーは自分で会社名などの宛名を入力する。現時点で多くの企業が電子領収書が正式な経費の証明になると認めているが、もし電子領収書が経費として認められない場合は、自分でプリントアウトすれば問題ない。

その他に微信支付は電子会員カード機能も開始している。既に多くの企業や店舗が従来の会員カードから電子会員カードに置き換えている。便利で環境に優しく、カードを持ち歩く煩わしさもない。スマートフォンを利用するユーザーにとってデメリットは見つからないだろう。

関連ニュース

2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
9月27日、携程が上海東方匯融信息技術服務有限公司の完全子会社化を通して、決済サービスのライセンスを取得する予定であることを発表した。このニュースを受けて、米ナスダックに上場している同社の株価は8.…
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/8/19
テンセントが時価総額でアリババを上回る。堅調な四半期決算発表を受けて株価が上昇、中国IT企業で時価総額が最大に。
2016年8月18日、テンセントが時価総額でアリババを上回り、中国インターネット業界で最大の企業になった。テンセントはポータルサイトの「QQ.com」、インスタントメッセンジャーの「QQ」、チャット…
2016/7/28
8月8日は微信支付が提唱する「NO現金デー」。今年はKFC、ウォルマート、セブンイレブンなど、昨年の8倍以上となる約70万店が参加。
「NO現金デー」は微信支付(WeChat Pay)が提唱しているモバイル決済の記念日で、毎年8月8日に定められている。2016年7月27日、微信支付は今年の「NO現金デー」についての発表を行い、中国…
2016/6/19
テンセントが2016年5月の人気アプリTOP10を発表。動画ライブ配信などのユーザー生成コンテンツが人気。
2016年6月17日、テンセントが運営するスマートフォンアプリストアの応用宝は2016年5月のアプリランキングを公開した。このランキングはテンセントが毎月発表しているもので、更新日・期間ダウンロード…
2016/6/10
京東が実際に注文された商品をドローンで配送。直線距離5キロの輸送に成功。
2016年6月8日、京東は江蘇省宿遷市の農村地区でドローン配送のテストを公開した。今回の配送テストで披露されたドローンは3種類で、積載重量は10~15kg。自動で荷受け・荷卸しが可能なモデルで、運航…