1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. ウェブサービス
  6. >
  7. ニュースの詳細

微信が企業向けグループウェアの企業微信を公開。アリババの釘釘に正面から対抗。

4月18日、微信は企業向けグループウェアの企業微信を正式に発表した。企業微信の利用は無料で、動作環境はiOS、Android、Windows、Macとなる。利用したい企業はまずパソコン向けウェブサイトからの申込みが必要。企業微信の主な機能は、テキストや音声での業務連絡、連絡先管理、業務用電話発信、メール管理、スケジュール管理、経費精算、ドキュメント共有など。情報はクラウドで管理され、全ての端末で同期される。

企業微信開発チームは、企業ユーザーのセキュリティ上の要求を考慮し、設計段階で通信とデータ保存の暗号化を徹底した。それに加え、企業向けアプリケーションの特徴であるユーザーの権限管理を強化することで、情報漏えい等のトラブルを未然に防ぎ、企業情報を安全に管理できるシステムを構築した。

企業微信開発チームは、今後もユーザーからのフィードバックを受けて改善を続けていくと表明している。それと同時に、サードパーティが企業微信のプラットフォーム上でアプリを開発できるようにオープン化を進めていくという。

ライバル企業のアリババは2014年12月に企業向けグループウェアの釘釘(DingTalk)をリリースしている。釘釘は既にオープン化も実現していて、配車サービスの中国Uberなどの企業がアプリを提供している。

企業微信の公開に関して、釘釘はこれまでのところ何の反応も見せていない。

関連ニュース

2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/8/19
テンセントが時価総額でアリババを上回る。堅調な四半期決算発表を受けて株価が上昇、中国IT企業で時価総額が最大に。
2016年8月18日、テンセントが時価総額でアリババを上回り、中国インターネット業界で最大の企業になった。テンセントはポータルサイトの「QQ.com」、インスタントメッセンジャーの「QQ」、チャット…
2016/8/2
滴滴出行がライバル関係にあったUber中国の買収を発表。中国のネット配車サービスは事実上、滴滴出行の独占状態に。
今から2年ほど前、中国のネット配車サービスでライバル関係にあった滴滴と快的は熾烈な競争を続けていたが、その後この2社は合併し滴滴出行となった。それ以降、滴滴出行の最大のライバルはUber中国だったが…
2016/7/28
8月8日は微信支付が提唱する「NO現金デー」。今年はKFC、ウォルマート、セブンイレブンなど、昨年の8倍以上となる約70万店が参加。
「NO現金デー」は微信支付(WeChat Pay)が提唱しているモバイル決済の記念日で、毎年8月8日に定められている。2016年7月27日、微信支付は今年の「NO現金デー」についての発表を行い、中国…
2016/7/22
Uber中国の相乗りサービスが提供開始から1年経過。サービス提供中15都市のうち、5都市で黒字化、半数の都市で赤字を解消。
2016年7月21日、Uber中国(優歩)は相乗りサービス「人民優歩+(UberPOOL)」の提供開始から1年が経過したことをうけ、最新のデータを公開した。公開されたデータによると、中国は既に相乗り…
2016/6/4
百度、5年以内に自動運転車の大量生産を開始。香港のフォーラムで自動運転車の計画について発表。
「現在生まれてくる子供が成長したとき、彼らは運転免許書を取得する必要がない。」2016年6月3日、ウォールストリートジャーナルが香港で開催したConvergeフォーラムで百度高級副総裁および自動運転…