1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. O2O
  6. >
  7. ニュースの詳細

ネット宅配サービス京東到家とクラウド型物流プラットフォーム達達が合併の最終協議に入る。合併後もそれぞれ独立した運営を継続。

2016年4月18日O2O中関村在線

京東グループは、同社傘下のネット宅配サービス京東到家がクラウド物流プラットフォームの達達と合併の最終協議に入ったことを発表した。

合併協議完了後に、京東グループは2億米ドルを新会社に出資し、株式の47.4%を取得する。これにより京東グループは新会社の筆頭株主となる。新会社の組織としては、達達CEOの蒯佳祺氏はCEOに、京東到家総裁の王志軍氏は総裁に着任する。なお合併後も京東到家と達達はそれぞれのブランド名のもと独立した運営が維持される。

京東到家は京東グループが2015年4月に開始したネット宅配サービス。ユーザーが専用アプリから申し込むと、ユーザーの位置情報をもとに2時間以内に生鮮食品や日用品を配達する。わずか1年の間に13都市にサービスを拡大し、300万人以上のユーザーにサービスを提供している。

達達は2014年5月に創業したクラウド型物流プラットフォーム。「最後の3kmをカバーする」という理念のもと、配送センターからユーザー宅までの最終配送を請け負う。専用アプリから申込み、審査を通過すれば誰でも配送員になれるのが特徴。配送員が空いた時間に宅配をすることで低コストのサービスを実現し、中国全土の37都市にサービスを展開している。現時点で130万人の配送員を擁し、1日あたりの配送は平均100万回に達している。

関連ニュース

2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
9月27日、携程が上海東方匯融信息技術服務有限公司の完全子会社化を通して、決済サービスのライセンスを取得する予定であることを発表した。このニュースを受けて、米ナスダックに上場している同社の株価は8.…
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/6/19
テンセントが2016年5月の人気アプリTOP10を発表。動画ライブ配信などのユーザー生成コンテンツが人気。
2016年6月17日、テンセントが運営するスマートフォンアプリストアの応用宝は2016年5月のアプリランキングを公開した。このランキングはテンセントが毎月発表しているもので、更新日・期間ダウンロード…
2016/6/10
京東が実際に注文された商品をドローンで配送。直線距離5キロの輸送に成功。
2016年6月8日、京東は江蘇省宿遷市の農村地区でドローン配送のテストを公開した。今回の配送テストで披露されたドローンは3種類で、積載重量は10~15kg。自動で荷受け・荷卸しが可能なモデルで、運航…
2016/5/19
微信支付が電子領収書の発行機能を追加。ユーザーはレジで2次元バーコードをスキャンするだけで電子領収書を受領。
5月17日微信は北京で開催した微信支付参加店舗向けのセミナーにおいて電子領収書発行機能を発表した。中国において領収書は発票(ファーピャオ)と呼ばれ、日本のように事業者が自由に発行できるものではなく、…
2016/4/9
京東商城とヤマトが提携し、越境ECサービスを開始。日本の商品を最短4日で中国へ配送。
京東商城はヤマトホールディングスと提携し、日本の商品を最短4日で中国の消費者へ届ける越境ECサービスを2016年5月から開始することを発表した。日本から中国への輸送および中国の通関手続きはヤマトホー…