1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. ウェブサービス
  6. >
  7. ニュースの詳細

微博が140文字の入力制限を廃止を発表。Twitterの動きに追随か?

1月20日、中国のマイクロブログ微博(ウェイボー)が140文字の入力制限を解除することが明らかになった。まず春節前の1月28日に微博の一部会員に対しこの入力制限が解除され、その後2月28日に全てのユーザーに対し入力制限が解除される予定だ。140文字の入力制限が解除された後は、最大で2000文字まで入力できるようになる。

海外では米Twitterが140文字の制限を解除し1万文字まで入力できるようになると報道されているが、この件の正式な発表は3月末になると予想されている。その動きを追随したかどうかは定かではないが、微博がTwitterに先駆けて文字数制限解除を実施することになる。

関連ニュース

2020/9/24
DiliDili、商標権侵害でBiliBiliに300万元(約4600万円)の賠償支払を命じられる
2020年9月23日、日本アニメの動画配信でも有名な動画サイトBiliBiliが商標権の侵害で動画サイトDiliDiliに関わる三社を訴えていた件で、BiliBiliの訴えが認められた。DiliDi…
2015/10/23
アリババが新浪微博を買収するかもしれないと報じられる。買収対象には親会社の新浪も含まれているとも。
アリババが優酷土豆を買収するというニュースの熱さめやらぬうちに、またしてもアリババによる大型買収の報道が舞い込んできた。ある海外メディアがアリババは半年以内に新浪微博(ウェイボー)を全面買収し子会社…
2015/10/14
360奇酷のフラッグモデルとなるスマートフォンが1カ月の延期を経てついに発売開始。
10月13日、360奇酷のフラッグモデルとなるスマートフォンが発売開始された。今回発売開始されたのは全てのキャリアに共通して利用可能なSIMフリー版で、定価2499元、内蔵メモリ3G、内部ストレージ…
2015/9/25
陌陌は来年2月に非上場化をし、その後2017年に国内の新興市場に再上場することを検討中
1億人以上のユーザーを抱える人気SNSアプリである陌陌(モーモー)を運営する北京陌陌科技が米ナスダックから非上場化するという情報が流れている。この情報によると北京陌陌科技は2016年2月に非上場化を…