1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. フィンテック
  6. >
  7. ニュースの詳細

微信の投げ銭機能である微信紅包、1日あたりの送受信回数はなんと22億回におよぶ。

12月16日~18日、中国が主催する世界インターネット会議が浙江省烏鎮で開催された。この会議には中国政府も力を入れていて中国国家主席習近平氏など政府要人も出席した。

16日午後、この会議で最初のインターネット+に関するフォーラムが開催され、ネット金融のイノベーションおよび今後の発展について討論された。このフォーラムでテンセント副総裁の賴智明氏が講演を行い、未来のネット金融に関する構想を語った。

テンセントは現在急速に進展しているソーシャル化およびO2O化に沿って、今後も質の高いサービスを生み出していきます。今後のネット金融はモバイル端末を通してこそサービスの恩恵を十分に享受できるでしょう。」

賴智明氏は、テンセントが運営する資産管理サービス「理財通」は数千万のユーザーが利用していることや、微信の投げ銭機能である微信紅包は現時点で1日あたり送受信回数が22億回に達していて、その回数は急速に増加していることを明らかにした。テンセントの金融サービスは自社内で完結するのではなく、ローン、資産管理、ネット証券など関連する分野をつなぐプラットフォームになることを目指しているという。また同氏は、テンセントがインターネットサービスを通してが築いてきた個人の信用評価システムは金融分野でも利用可能で、より正確な与信判断に役に立つということを強調した。

「新しいビジネスモデルは常にモバイルインターネット上で起こっています。ビジネスの仲介役としてネット金融サービスは重要になるでしょう。モバイルインターネットはまずソーシャルを変え、娯楽、生活、教育を変えてきました。今後は金融の分野で大きな変化を起こすでしょう。」

各領域のプレイヤーはテンセントが作り出すネット金融のエコシステムから抜け出すのは難しくなっているのかもしれない。

関連ニュース

2020/9/29
知乎と騰訊安全がコミュニティーの健全化計画を発表。共同で悪徳業者撲滅を目指す。
9月28日、知乎と騰訊安全は共同でコミュニティーの健全化計画を発表した。知乎はQ&Aサービスなどコミュニティサイトを運営しており、コミュニティに関するユーザーデータを多く所有している。それに…
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/8/19
テンセントが時価総額でアリババを上回る。堅調な四半期決算発表を受けて株価が上昇、中国IT企業で時価総額が最大に。
2016年8月18日、テンセントが時価総額でアリババを上回り、中国インターネット業界で最大の企業になった。テンセントはポータルサイトの「QQ.com」、インスタントメッセンジャーの「QQ」、チャット…
2016/8/2
滴滴出行がライバル関係にあったUber中国の買収を発表。中国のネット配車サービスは事実上、滴滴出行の独占状態に。
今から2年ほど前、中国のネット配車サービスでライバル関係にあった滴滴と快的は熾烈な競争を続けていたが、その後この2社は合併し滴滴出行となった。それ以降、滴滴出行の最大のライバルはUber中国だったが…
2016/7/28
8月8日は微信支付が提唱する「NO現金デー」。今年はKFC、ウォルマート、セブンイレブンなど、昨年の8倍以上となる約70万店が参加。
「NO現金デー」は微信支付(WeChat Pay)が提唱しているモバイル決済の記念日で、毎年8月8日に定められている。2016年7月27日、微信支付は今年の「NO現金デー」についての発表を行い、中国…
2016/6/19
テンセントが2016年5月の人気アプリTOP10を発表。動画ライブ配信などのユーザー生成コンテンツが人気。
2016年6月17日、テンセントが運営するスマートフォンアプリストアの応用宝は2016年5月のアプリランキングを公開した。このランキングはテンセントが毎月発表しているもので、更新日・期間ダウンロード…