1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. Eコマース
  6. >
  7. ニュースの詳細

淘宝の中古品売買プラットフォーム「閑魚」は将来的に淘宝から切り離されて運営。

2015年11月28日Eコマース騰訊科技

閑魚(シェンユゥ)は淘宝が運営する中古品売買プラットフォームである。淘宝は新品の売買を中心としているのに対し、閑魚では日本のヤフオクのように中古品の売買が活発に行われている。

閑魚のサイト自体はこれまでも淘宝から切り離されて運営されてきたが、今回明らかになった情報によると、今後は資本面でも淘宝から独立して運営される。淘宝の物流ソリューションである菜鳥に倣ってアリババ以外からも資金調達をしていく予定だ。

閑魚はサイトが淘宝から切り離されて約1年が過ぎ、ユーザーは100万人規模から1億人規模に増えている。閑魚には5万を超える中古品売買のコミュニティ(サイト内では魚塘と呼ばれている)が作成され、毎日20万件を超える中古品が出品されている。

閑魚は支付宝の信用担保システムと淘宝のユーザー評価システムを使っているが、それ以外にもスマートフォンや中古車などのリサイクル業者が参加し、中古商品の取引価格を適正に保つシステムを作り出している。

外部からの資金調達に関しては、紅杉中国やIDG資本などの大手ベンチャーキャピタルとの交渉が現在進められているという。

関連ニュース

2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2020/8/30
動画クリエイターの李子柒が螺蛳粉の工場建設を発表
先日、広西省柳州市政府と動画クリエイターの李子柒(リーズチー)は共同記者会見を開催し、柳州市に螺蛳粉(ルォースフェン)を製造する工場を建設することを発表した。螺蛳粉はタニシからダシをとったスープにビ…
2016/8/31
支付宝が「エコ口座」を開始。徒歩での移動距離やオンライン支払回数に応じてCO2削減量を計算し、植林活動を行う。
2016年8月29日、螞蟻金服は支付宝で「エコ口座」という新たなコンセプトのサービスを開始した。日常生活の中でユーザーのCO2削減量を計測し、それに応じたポイントがユーザーのアカウントに付与される。…
2016/8/16
深夜にひっそりと始まる「淘宝2階」とは?斬新なプロモーションでサワラ水餃子の販売量が150倍に。
2016年8月10日 、淘宝は深夜の時間帯だけ閲覧できる「淘宝2階(淘宝二楼)」というプロモーションコンテンツを開始した。深夜の時間帯とは具体的には午後10時から翌朝7時を指す。多くの人が眠りに入る…
2016/7/8
支付宝がドローンによる農薬散布サービスを開始。農民向けの市場にもモバイル決済が浸透。
中国最大のモバイル決済プラットフォームである支付宝(Alipay)はそのサービス領域を日に日に拡大している。店頭での代金支払い、各種チケットの購入、税金納付などのサービスは既に日常的に利用されるよう…
2016/6/30
アリババが故宮博物館と提携合意。阿里旅行で故宮入場券が、天猫で皇室用品が買えるように。
2016年6月29日、アリババは故宮博物館と戦略的提携の合意に至ったことを発表した。今回合意した内容によると、故宮博物館はアリババが運営する天猫や阿里旅行に公式ショップを設け、入場券・記念品・出版物…