1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. ウェブサービス
  6. >
  7. ニュースの詳細

微信支付(WeChat Pay)が国際決済を試験運用中。近い将来海外店舗に全面開放される予定。

中国のモバイル決済市場ではアリババの支付宝(AliPay)とテンセント微信支付(WeChat Pay)が熾烈な覇権争いを続けている。今年に入り支付宝は続々と海外進出を始めているが、微信支付も近い将来海外店舗に向けて開放されることが明らかになった。

微信支付は将来的には全ての海外店舗に対し開放される予定だが、現在は店舗を限定して試験運用を行っている。しかし現時点でも次の2つの条件を満たす店舗であれば申し込みが可能だ。その条件は現地に法人登記されていること、独自のホームページまたはアプリを持っていることである。

微信支付は、華南銀行やオーストラリアロイヤルペイ、香港通泰など国内外の数十社の金融機関と提携し国際決済システムを実現している。これにより微信支付のサービスは香港・マカオ・台湾、東南アジア、欧米、中東、オセアニアの20以上の国と地域で利用可能になる。

微信支付を利用すると、ユーザーは海外で買い物をする際に外貨両替が不要になる。会計のときにレジで微信の二次元バーコードを提示し、パスワードを入力すれば人民元で支払いが完了する。その後システムが自動的に現地通貨で加入店舗に支払いをする。現時点で微信支付の国際決済は米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円、カナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、香港ドル、韓国ウォンの9つの外貨に対応している。

微信支付は国際決済業務に関して徹底的な開放戦略を続けていくことを表明している。同社は基礎システムのみを提供し、実際の運用などは現地の事情に詳しい提携企業に委ねていくという。

テンセントの2015年第3四半期の決算報告によると微信の月間アクティブユーザーは6.5億人に達している。このうち約60%のユーザーが微信支付を利用できる環境にあるという。

関連ニュース

2020/9/29
知乎と騰訊安全がコミュニティーの健全化計画を発表。共同で悪徳業者撲滅を目指す。
9月28日、知乎と騰訊安全は共同でコミュニティーの健全化計画を発表した。知乎はQ&Aサービスなどコミュニティサイトを運営しており、コミュニティに関するユーザーデータを多く所有している。それに…
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/8/31
支付宝が「エコ口座」を開始。徒歩での移動距離やオンライン支払回数に応じてCO2削減量を計算し、植林活動を行う。
2016年8月29日、螞蟻金服は支付宝で「エコ口座」という新たなコンセプトのサービスを開始した。日常生活の中でユーザーのCO2削減量を計測し、それに応じたポイントがユーザーのアカウントに付与される。…
2016/8/19
テンセントが時価総額でアリババを上回る。堅調な四半期決算発表を受けて株価が上昇、中国IT企業で時価総額が最大に。
2016年8月18日、テンセントが時価総額でアリババを上回り、中国インターネット業界で最大の企業になった。テンセントはポータルサイトの「QQ.com」、インスタントメッセンジャーの「QQ」、チャット…
2016/8/2
滴滴出行がライバル関係にあったUber中国の買収を発表。中国のネット配車サービスは事実上、滴滴出行の独占状態に。
今から2年ほど前、中国のネット配車サービスでライバル関係にあった滴滴と快的は熾烈な競争を続けていたが、その後この2社は合併し滴滴出行となった。それ以降、滴滴出行の最大のライバルはUber中国だったが…
2016/7/28
8月8日は微信支付が提唱する「NO現金デー」。今年はKFC、ウォルマート、セブンイレブンなど、昨年の8倍以上となる約70万店が参加。
「NO現金デー」は微信支付(WeChat Pay)が提唱しているモバイル決済の記念日で、毎年8月8日に定められている。2016年7月27日、微信支付は今年の「NO現金デー」についての発表を行い、中国…