1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. ウェブサービス
  6. >
  7. ニュースの詳細

WeChatが児童失踪通報プラットフォームを開始。中国山間部で多発する児童失踪の捜索にモバイル技術を活用。

児童の失踪や誘拐は中国社会における大きな問題のひとつだ。政府と教育機関はこれまでもこの問題に取り組んできたが、失踪や誘拐の発生は山間部に偏っており、そのことが捜索をより一層困難なものにしてきた。今回中国のメッセージアプリWeChat(微信)が中国全土に広がるモバイルネットワークを活用しこの問題の解決に乗り出した。

WeChatは中社児童安全科技基金と連携して「児童失踪通報プラットフォーム」を開始した。モバイルネットワークとGIS(地理情報システム)の技術を利用して、児童失踪事件の情報収集をする。失踪事件の通報があると、児童が失踪した場所を起点に移動速度から算出した距離を半径とする情報収集サークルが作成される。通報後30分以内は1分あたり1kmずつ情報収集サークルが拡大され、サークル内のユーザーに失踪事件に関する情報がプッシュ通知される。30~60分では1分あたり2kmずつ、1~3時間では5kmずつ、3時間以上では17kmずつ情報収集サークルは拡大していく。サークル内にいるユーザーから広く情報を集めることで、捜索の困難度を分けるいわれる3時間が経過する前に事件の解決を計る。3時間が経過すると情報収集サークルは中国全土に拡大されることになる。

失踪事件を通報したいユーザーはWeChatの公式アカウントで「CCSER児童失踪預警平台」と検索するか、「CCSER001」のアカウント名を指定して、児童失踪通報プラットフォームの公式アカウントをフォローをすればいい。フォローをした後、ユーザーは捜索者として地理情報の提供を許可をする必要がある。失踪事件を通報するには身分証認証が必要なので、小さい子供を持つ保護者はまず初めに身分証認証を済ませておくといいだろう。

関連ニュース

2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/8/19
テンセントが時価総額でアリババを上回る。堅調な四半期決算発表を受けて株価が上昇、中国IT企業で時価総額が最大に。
2016年8月18日、テンセントが時価総額でアリババを上回り、中国インターネット業界で最大の企業になった。テンセントはポータルサイトの「QQ.com」、インスタントメッセンジャーの「QQ」、チャット…
2016/7/28
8月8日は微信支付が提唱する「NO現金デー」。今年はKFC、ウォルマート、セブンイレブンなど、昨年の8倍以上となる約70万店が参加。
「NO現金デー」は微信支付(WeChat Pay)が提唱しているモバイル決済の記念日で、毎年8月8日に定められている。2016年7月27日、微信支付は今年の「NO現金デー」についての発表を行い、中国…
2016/5/21
「愛してる」の日。微信紅包が5月20日の24時間限定で送金限度額を520元に変更。
微信の友達同士で少額の電子マネーを送金する機能である微信紅包は、5月20日の24時間限定で1対1の送金限度額を520元(約8,800円)に変更した。中国で5月20日はその発音が似ていることから「愛し…
2016/5/19
微信支付が電子領収書の発行機能を追加。ユーザーはレジで2次元バーコードをスキャンするだけで電子領収書を受領。
5月17日微信は北京で開催した微信支付参加店舗向けのセミナーにおいて電子領収書発行機能を発表した。中国において領収書は発票(ファーピャオ)と呼ばれ、日本のように事業者が自由に発行できるものではなく、…
2016/4/19
微信が企業向けグループウェアの企業微信を公開。アリババの釘釘に正面から対抗。
4月18日、微信は企業向けグループウェアの企業微信を正式に発表した。企業微信の利用は無料で、動作環境はiOS、Android、Windows、Macとなる。利用したい企業はまずパソコン向けウェブサイ…