1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. O2O
  6. >
  7. ニュースの詳細

京東商城が中国産スマートフォンのランキングを発表。360奇酷が大躍進で4大勢力「華奇小魅」の一角に食い込む。

2015年11月6日O2O科技訊

11月1日京東商城は同サイトが実施したセールでのスマートフォン販売数量を発表した。中国産スマートフォンでは小米(シャオミ)が首位で、華為(ファーウェイ)、魅族(メイズ)、奇酷(チークー)がその後に続く。特に注目すべきはセキュリティソフトで有名な360が開発するスマートフォンの奇酷だ。奇酷は今年8月に発表されたばかりの新しいブランドだが、注目度は日に日に高まっている。今回中国産スマートフォンで販売数4位に躍り出たことで、「華奇小魅」という新たな4大ブランドの勢力図が形成された。

小米は昨年まで急速に業績を伸ばしていたが、今年に入ってその勢いは感じられない。昨年の第3四半期、スマートフォンの販売数で国内1位、世界3位という圧倒的な人気を誇った小米だが、その後次第に成長率は鈍化している。華為と魅族は安定した販売数は保っているものの、依然として爆発的な人気を得るには至っていない。

360奇酷はこれらの4大勢力の中で最も期待の持てるブランドだ。業界の事情に詳しい人物はこう話す。「積極的な広告戦略が功を奏し、奇酷の認知度は次第に高まっています。多くのソーシャルメディアで360奇酷はホットな検索ワードになっています。京東商城のコミュニティでも最も盛り上がりをみせるのは360奇酷のスレッドです。しかし360奇酷の人気はCEOの周鴻禕氏が得意とするプロモーション戦略によるものだけではありません。同社のスマートフォンはコストパフォーマンスが圧倒的に優れています。」

360奇酷のユースモデル(青春版)の躯体は航空機でも利用されるアルミマグネシウム合金を鍛造して作られている。軽量化と滑らかな表面を実現するマグネシウム、明るさを出し耐用性を高めるアルミ。この2つの金属を融合したユースモデルは手に取ったときに金属特有の重たくて冷たい感触はない、きめ細やかで温かみさえあり、指紋やかすり傷を残さない。

さらに特筆すべきはセキュリティソフト開発という本業の強みを生かした「360 OS」だ。「360 OS」はAndroid5.1をベースにし、独自セキュリティ機能を追加している。「360 OS」は個人情報を保護するセキュリティシステムを提供するだけにとどまらない。スマートフォンをなくした場合に代金の80%が保証される盗難保険、最高で年間12万元まで保証される財産保険も付帯している。

360奇酷は価格攻勢でも手を抜かない。ユースモデルは11月のセール期間は200元の値下げをし、999元で販売される。同じ価格帯のスマートフォンでは最高水準のコストパフォーマンスを持つといっても間違いがないだろう。

関連ニュース

2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
9月27日、携程が上海東方匯融信息技術服務有限公司の完全子会社化を通して、決済サービスのライセンスを取得する予定であることを発表した。このニュースを受けて、米ナスダックに上場している同社の株価は8.…
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/6/19
テンセントが2016年5月の人気アプリTOP10を発表。動画ライブ配信などのユーザー生成コンテンツが人気。
2016年6月17日、テンセントが運営するスマートフォンアプリストアの応用宝は2016年5月のアプリランキングを公開した。このランキングはテンセントが毎月発表しているもので、更新日・期間ダウンロード…
2016/6/10
京東が実際に注文された商品をドローンで配送。直線距離5キロの輸送に成功。
2016年6月8日、京東は江蘇省宿遷市の農村地区でドローン配送のテストを公開した。今回の配送テストで披露されたドローンは3種類で、積載重量は10~15kg。自動で荷受け・荷卸しが可能なモデルで、運航…
2016/5/27
北京の公共交通機関で「エアカード」が始まる。スマートフォンのNFC機能を利用して地下鉄やバスが乗車可能に。
2016年5月25日、北京市公共交通機関のICカード(一卡通)を管理する市政交通一卡通公司は、通信キャリアと提携して「エアカード」のサービスを開始することを発表した。「エアカード」は、従来の非接触型…
2016/5/19
微信支付が電子領収書の発行機能を追加。ユーザーはレジで2次元バーコードをスキャンするだけで電子領収書を受領。
5月17日微信は北京で開催した微信支付参加店舗向けのセミナーにおいて電子領収書発行機能を発表した。中国において領収書は発票(ファーピャオ)と呼ばれ、日本のように事業者が自由に発行できるものではなく、…