1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. ハードウェア
  6. >
  7. ニュースの詳細

アリババ、動画共有サイトの優酷土豆を45億米ドル超で買収すると発表。

10月16日、アリババグループは優酷土豆グループを全面買収することに関して、優酷土豆役員会の同意を得たと発表した。買収金額は合計で45億米ドルを超える見通し。

2014年5月アリババは12億米ドルを優酷に投資し、2015年6月末の時点でアリババグループは優酷土豆浮動株の18.3%を保有していた。その後両社は基礎技術、ビッグデータ、動画マーケティングなどの領域で提携を続けてきた。優酷土豆とアリババはバックグラウンドシステムを連携し、動画サイトに支付宝や阿里媽媽などのサービスを関連付けることで、「動画を見ながら買い物をする」システムを開発してきた。新たなマーケティング形体を作り出し、アリババグループのECサイト出店者に動画マーケティングをサポートをしてきた。

アリババグループ董事長のジャック・マー氏は次のように述べた。『私は常に(優酷土豆董事長の)古永鏘氏の実績を高く評価してきた。今回の提携を通し、我々は更に深いレベルで古永鏘氏が率いる組織をサポートし、中国を代表する娯楽メディアを作るという夢を実現したい。』

アリババグループCEO張勇氏はこう続けた。『我々は優酷土豆の役員会からこの提携の同意を得たことを大変うれしく思う。この提携が双方の結びつきをより強くするものだと信じている。動画を始めとするデジタルメディアは、Eコマースにおいて実物商品と並ぶとても大切な商品だ。優酷土豆の質の高い動画は将来的にアリババのEコマースにおいて重要な役割を担うようになるだろう。その他にも優酷土豆とアリババが結びつくことによって様々な化学反応が起こるでしょう。我々は古永鏘氏そして彼が率いる集団と提携し、共に発展することを期待しています。』

関連ニュース

2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/8/31
支付宝が「エコ口座」を開始。徒歩での移動距離やオンライン支払回数に応じてCO2削減量を計算し、植林活動を行う。
2016年8月29日、螞蟻金服は支付宝で「エコ口座」という新たなコンセプトのサービスを開始した。日常生活の中でユーザーのCO2削減量を計測し、それに応じたポイントがユーザーのアカウントに付与される。…
2016/8/16
深夜にひっそりと始まる「淘宝2階」とは?斬新なプロモーションでサワラ水餃子の販売量が150倍に。
2016年8月10日 、淘宝は深夜の時間帯だけ閲覧できる「淘宝2階(淘宝二楼)」というプロモーションコンテンツを開始した。深夜の時間帯とは具体的には午後10時から翌朝7時を指す。多くの人が眠りに入る…
2016/7/8
支付宝がドローンによる農薬散布サービスを開始。農民向けの市場にもモバイル決済が浸透。
中国最大のモバイル決済プラットフォームである支付宝(Alipay)はそのサービス領域を日に日に拡大している。店頭での代金支払い、各種チケットの購入、税金納付などのサービスは既に日常的に利用されるよう…
2016/6/30
アリババが故宮博物館と提携合意。阿里旅行で故宮入場券が、天猫で皇室用品が買えるように。
2016年6月29日、アリババは故宮博物館と戦略的提携の合意に至ったことを発表した。今回合意した内容によると、故宮博物館はアリババが運営する天猫や阿里旅行に公式ショップを設け、入場券・記念品・出版物…
2016/3/15
優酷土豆、アリババによる完全子会社化が来月初旬にも完了。動画サイトの独立した運営には変化なし。
2016年3月14日、優酷土豆グループはこの日開催された臨時株主総会で、昨年の11月から手続きを進めていたアリババグループによる完全子会社化が4月初旬に完了することを発表した。この手続きが完了すると…