1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. ウェブサービス
  6. >
  7. ニュースの詳細

北京と上海に配車サービス滴滴快的の専用乗り場が登場。

10月14日、配車サービスの滴滴快的は北京と上海の2都市に同サービスの専用乗り場「滴滴車站」を設置したことを発表した。同社は今後中国全土の都市に専用乗り場を順次設置していく予定である。

北京の滴滴車站は北京東部にあるショッピングセンター朝陽大悦城に設置された。上海の滴滴車站は上海市交通委員会と共同で建設され、黄浦区の瑞金医院、楊浦区の蘇寧生活広場、静安区の凱城市之光社区の3か所に設置された。

滴滴車站にはタッチパネルがあるためスマートフォンがなくても配車依頼ができる。またユーザーが滴滴車駅の近くでアプリを使い配車依頼をした場合、周辺の滴滴車站がアプリに表示される。これによりユーザーもドライバーもお互いの位置を把握しやすくなる。

お年寄りなどスマートフォンの操作になれていないユーザーは専用のフリーダイヤル(4006165000)に電話をして配車を依頼することも可能だ。滴滴車駅から電話をかけるとカスタマーサービスがユーザーの代わりに車の手配を行う。

関連ニュース

2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
9月27日、携程が上海東方匯融信息技術服務有限公司の完全子会社化を通して、決済サービスのライセンスを取得する予定であることを発表した。このニュースを受けて、米ナスダックに上場している同社の株価は8.…
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/8/2
滴滴出行がライバル関係にあったUber中国の買収を発表。中国のネット配車サービスは事実上、滴滴出行の独占状態に。
今から2年ほど前、中国のネット配車サービスでライバル関係にあった滴滴と快的は熾烈な競争を続けていたが、その後この2社は合併し滴滴出行となった。それ以降、滴滴出行の最大のライバルはUber中国だったが…
2016/6/19
テンセントが2016年5月の人気アプリTOP10を発表。動画ライブ配信などのユーザー生成コンテンツが人気。
2016年6月17日、テンセントが運営するスマートフォンアプリストアの応用宝は2016年5月のアプリランキングを公開した。このランキングはテンセントが毎月発表しているもので、更新日・期間ダウンロード…
2016/6/10
京東が実際に注文された商品をドローンで配送。直線距離5キロの輸送に成功。
2016年6月8日、京東は江蘇省宿遷市の農村地区でドローン配送のテストを公開した。今回の配送テストで披露されたドローンは3種類で、積載重量は10~15kg。自動で荷受け・荷卸しが可能なモデルで、運航…
2016/6/4
百度、5年以内に自動運転車の大量生産を開始。香港のフォーラムで自動運転車の計画について発表。
「現在生まれてくる子供が成長したとき、彼らは運転免許書を取得する必要がない。」2016年6月3日、ウォールストリートジャーナルが香港で開催したConvergeフォーラムで百度高級副総裁および自動運転…