1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. ウェブサービス
  6. >
  7. ニュースの詳細

支付宝が「全民開店計画」を打ち出す。口コミユーザーを募集中

9月23日、支付宝は10億元を投入して「全民開店計画」を実施することを発表した。この計画は2か月以内に100万人の口コミユーザー(口碑客)を募集し、彼らの力を借りて100万店の小売店や飲食店の支付宝出店を目指すというものである。芝麻信用が550ポイント以上の人ならば誰でも口コミユーザーになれる。口コミユーザーは自分が好きな小売店や飲食店に支付宝への出店を勧め、出店説得に成功すれば300元の奨励金を受け取ることができる。つまりうまくいけば、外食や買い物をしながらにして収入を得ることが可能なのだ。

今年の6月、アリババグループと螞蟻金服は60億元を共同出資し、支付宝に出店する店舗向けの管理プラットフォームである口碑を設立した。アリババが従来から運営していた飲食店向けサービス淘点点のシステムと小規模ビジネスへの融資を行ってきた螞蟻金服のノウハウが融合し、口碑のサービスはより充実したものに発展している。

小売店や飲食店が支付宝に出店するのはとても簡単だ。店主は口コミユーザーの招待バーコードをスキャンすると、口碑の申込みフォームが開く。申込みフォームに必要情報を入力し、数枚の店舗写真をアップロードすると、ほんの3分ほどで申込み手続きが完了する。その後、審査に通過すると支付宝の店舗ページがスタートする。口碑の店舗向けアプリを使うと、支店の登録や割引券発行が簡単にできる。さらに事前にレジ係を登録をすると、レジ係はスマートフォンを使って、買い物客から支付宝での支払いを受けることができる。

現在までにケンタッキー・フライド・チキン、ピザハット、全聚徳、外婆家などの大手飲食チェーンが口碑を通して支付宝に店舗ページを持っている。支付宝が公開しているデータによると、現時点で支付宝に出店している店舗ユーザーは10万店を超えている。その中でもケンタッキー・フライド・チキンの割引券は過去2か月間で2800万回以上も発行された。小売店や飲食店はオフラインで最も大きな消費を生み出すフィールドだ。そのためこのフィールドで巨大ネット企業による激しい競争が繰り広げられている。「全民開店計画」は支付宝がこの争いを制すために生み出された奥の手だ。

関連ニュース

2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/8/31
支付宝が「エコ口座」を開始。徒歩での移動距離やオンライン支払回数に応じてCO2削減量を計算し、植林活動を行う。
2016年8月29日、螞蟻金服は支付宝で「エコ口座」という新たなコンセプトのサービスを開始した。日常生活の中でユーザーのCO2削減量を計測し、それに応じたポイントがユーザーのアカウントに付与される。…
2016/7/8
支付宝がドローンによる農薬散布サービスを開始。農民向けの市場にもモバイル決済が浸透。
中国最大のモバイル決済プラットフォームである支付宝(Alipay)はそのサービス領域を日に日に拡大している。店頭での代金支払い、各種チケットの購入、税金納付などのサービスは既に日常的に利用されるよう…
2016/6/30
アリババが故宮博物館と提携合意。阿里旅行で故宮入場券が、天猫で皇室用品が買えるように。
2016年6月29日、アリババは故宮博物館と戦略的提携の合意に至ったことを発表した。今回合意した内容によると、故宮博物館はアリババが運営する天猫や阿里旅行に公式ショップを設け、入場券・記念品・出版物…
2016/3/10
ファーウェイが独自のモバイル決済サービス「Huawei Pay」を発表。
2016年3月9日、ファーウェイ(HUAWEI)が独自のモバイル決済サービスを開始することを発表した。サービスの名称は、アップルやサムソンのサービスと同じ形式で、「Huawei Pay」と名付けられ…
2016/2/11
2016年旧正月、支付宝・微信・QQの紅包キャンペーンに関するデータが出そろう。
中国には旧正月に紅包と呼ばれるお年玉を送る風習がある。赤いお年玉袋に現金を入れて送ることからそう呼ばれているのだが、近年はモバイル決済で紅包を送りあう習慣が定着してきている。中でも支付宝・微信・QQ…