1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. フィンテック
  6. >
  7. ニュースの詳細

支付宝が北京の東単野菜市場で利用可能に。O2Oのサービスカウンターも設置

9月26日午後、18年間閉鎖していた北京の老舗野菜市場、東単市場が新装開業した。

それと同時に市場全体で支付宝(Alipay)での支払いを受け付けるようになった。

中国で広がりつつあるオンラインとオフラインをつなぐ「インターネット+」や北京政府が掲げるハイテク経済政策を背景に、北京初の「スマート野菜市場」が誕生した。

支付宝での支払いが可能になった今、周辺住民はスマートフォンだけ持てば東単市場に買い物に行ける。レジ係は支付宝の決済バーコードをスキャンするだけで、全ての支払い手続き完了には1分もかからない。お釣りを返す必要もなく、従来の会計よりも大幅な時間の節約になる。さらに東単市場では9月26日~30日まで支付宝で支払いをする買い物客に対し50%OFF(上限30元)の大幅割引を実施している。

支払いサービスの提供以外に、支付宝は東単市場に専用サービスカウンターを設置した。利用者はオンラインで注文した商品をこのカウンターで受け取ることができる。支付宝のサービスカウンターは中国国内に既に41ヶ所が設置されていて、更に2015年末には100ヶ所まで増える予定だ。支付宝のサービスカウンターは多忙な会社員や足腰の弱い高齢者から利便性の高いサービスとして好評を得ている。

東単市場は、支付宝と提携した「スマート野菜市場」としては、浙江省温州にある竜湾状元農貿市場に続く2店舗目となる。しかし東単市場はスーパーマーケットのような共同レジを設置したため、市場に参加する商店の学習コストを軽減し、買い物客の支付宝利用に対する抵抗を下げることに成功している。将来的にさらに多くの実店舗が支付宝にエコシステムに参加することで、ますますスマートフォンでの支払いが現金での支払いにとって代わるだろう。

関連ニュース

2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2016/8/31
支付宝が「エコ口座」を開始。徒歩での移動距離やオンライン支払回数に応じてCO2削減量を計算し、植林活動を行う。
2016年8月29日、螞蟻金服は支付宝で「エコ口座」という新たなコンセプトのサービスを開始した。日常生活の中でユーザーのCO2削減量を計測し、それに応じたポイントがユーザーのアカウントに付与される。…
2016/7/8
支付宝がドローンによる農薬散布サービスを開始。農民向けの市場にもモバイル決済が浸透。
中国最大のモバイル決済プラットフォームである支付宝(Alipay)はそのサービス領域を日に日に拡大している。店頭での代金支払い、各種チケットの購入、税金納付などのサービスは既に日常的に利用されるよう…
2016/6/30
アリババが故宮博物館と提携合意。阿里旅行で故宮入場券が、天猫で皇室用品が買えるように。
2016年6月29日、アリババは故宮博物館と戦略的提携の合意に至ったことを発表した。今回合意した内容によると、故宮博物館はアリババが運営する天猫や阿里旅行に公式ショップを設け、入場券・記念品・出版物…
2016/3/10
ファーウェイが独自のモバイル決済サービス「Huawei Pay」を発表。
2016年3月9日、ファーウェイ(HUAWEI)が独自のモバイル決済サービスを開始することを発表した。サービスの名称は、アップルやサムソンのサービスと同じ形式で、「Huawei Pay」と名付けられ…
2016/2/11
2016年旧正月、支付宝・微信・QQの紅包キャンペーンに関するデータが出そろう。
中国には旧正月に紅包と呼ばれるお年玉を送る風習がある。赤いお年玉袋に現金を入れて送ることからそう呼ばれているのだが、近年はモバイル決済で紅包を送りあう習慣が定着してきている。中でも支付宝・微信・QQ…