1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. Eコマース
  6. >
  7. ニュースの詳細

2015年中国EC市場のランキングと今後の兆候

2015年も半分以上が過ぎたが、中国のEC市場は全体として穏やかな推移となっている。相変わらずB2C分野の淘宝天猫京東の3大巨頭が上位をキープしている。「2015上半期中国家電EC販売分析报告」によると、上半期の大掛かりな販促活動によって京東の売上高は家電のネット販売において、シェア60%を占めるまでに至っている。この結果、京東はシェアを2%伸ばし、天猫は4%減らした。残りのシェアは蘇寧易購や国美存線など路面店舗の2大企業が運営するECサイトが埋めている。

このランキングにおいてB2B企業に比べB2C企業が依然として優勢だが、この状況は少しずつ変わりつつある。IDG(International Data Group)の共同ファウンダーである熊曉鴿氏は、次世代のBAT(※1)はB2C企業一色にはならず、B2Bの起業家には大きなチャンスがあると予測している。2015年はB2B企業が爆発的に成長する最初の年になるだろうと話す業界の人もいる。投資家にとってもB2B分野は魅力的に映り、2015年上半期に多くのB2B企業が多額の投資を受けている。それとともに「インターネット+」の時代がやってくる。インターネットの基礎的な部分は完成しつつあるため、今後インターネットを専門とする人材がますます伝統的な業種で働くようになる。その結果、伝統的な企業はインターネットの技術を利用して、自社の更なる発展を加速していく。このように、多くの伝統的な企業がインターネットに触れることは、B2B企業にとっては千載一遇のチャンスといえる。B2B分野は中国ECにおいて次のブームになる可能性が高い。

O2O(※2)は近年ECの新しい兆候だったが次第に大きな動きになってきている。多くのO2O企業が出現しているだけではなく、B2C分野のIT企業も続々とO2Oの領域で事業を始めている。その中でも餓了么や百度外売などの飲食分野のO2Oは既に隠れた存在ではなくなってきている。確実に言えることはO2Oのサービスは確実に人々の生活に入り込んできているということだ。ただし同時にO2Oに進出する企業が大量に出現しているため、この分野での競争は今後異常なほど激化するだろう。

※1 百度Baidu)、アリババ(Alibaba)、テンセント(Tencent)の中国3大IT企業の略。

※2 Online to Offline。ネット上(オンライン)からネット外(オフライン)のリアルな購買へ促す分野。

関連ニュース

2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
9月27日、携程が上海東方匯融信息技術服務有限公司の完全子会社化を通して、決済サービスのライセンスを取得する予定であることを発表した。このニュースを受けて、米ナスダックに上場している同社の株価は8.…
2020/9/29
知乎と騰訊安全がコミュニティーの健全化計画を発表。共同で悪徳業者撲滅を目指す。
9月28日、知乎と騰訊安全は共同でコミュニティーの健全化計画を発表した。知乎はQ&Aサービスなどコミュニティサイトを運営しており、コミュニティに関するユーザーデータを多く所有している。それに…
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
今回、拼多多が中国国営放送局である中央電視台(CCTV)の春節晩会のお年玉企画協賛パートナーに決定したことが分かった。春節晩会は1983年から毎年旧正月大みそかの夜、4時間半にわたり放送されている。…
2020/8/30
動画クリエイターの李子柒が螺蛳粉の工場建設を発表
先日、広西省柳州市政府と動画クリエイターの李子柒(リーズチー)は共同記者会見を開催し、柳州市に螺蛳粉(ルォースフェン)を製造する工場を建設することを発表した。螺蛳粉はタニシからダシをとったスープにビ…
2016/9/18
百度が米カリフォルニア州で自動運転車の許可を取得。近く公道での走行テストを実施予定。
2016年9月16日、百度がアメリカのカリフォルニア州で自動運転車の許可を正式に取得したことが明らかになった。これにより百度の自動運転車開発はより一層加速するものと予想される。百度は昨年12月に自動…
2016/8/19
テンセントが時価総額でアリババを上回る。堅調な四半期決算発表を受けて株価が上昇、中国IT企業で時価総額が最大に。
2016年8月18日、テンセントが時価総額でアリババを上回り、中国インターネット業界で最大の企業になった。テンセントはポータルサイトの「QQ.com」、インスタントメッセンジャーの「QQ」、チャット…