1. トップページ
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. ウェブサービス
  6. >
  7. ニュースの詳細

Uberの運転手は電話にでず、女性は利用していないにも関わらず10元を支払わされた

その日の朝、成都の街を突然の大雨が襲い、多くの人が通勤途中で立ち往生していた。そんな中、成都に住む楊さんは中国でも広がりつつある配車アプリUber(中国語名は優歩という)を使い車を手配した。しかし5分ほど過ぎてアプリを確認すると、手配した車はどんどん遠く向かっていることに気が付いた。運転手に電話をかけても、一向に電話に応じなかった。仕方がなく楊さんは注文をキャンセルしたが、10元が引かれたまま戻ってこなかった。

明細によると、楊さんは7時56分に注文を送信した。4分以内に運転手が到着するというショートメールをUberから受け取っている。楊さんは8時6分と8時8分に運転手に2回電話をかけたが、電話には誰も出なかった。その後、楊さんは注文をキャンセルしたが、その時に10元が引き落とされた。「これまでUberを利用したときは、運転手は注文後すぐに電話をかけてくれました。しかし今回は運転手はいっこうに自分から電話をかけてきませんでしたし、10分後ぐらいにこちらから2回ほど電話をかけましたが、誰も電話にでませんでした。」楊さんは、通勤途中で急いでいたのでその時は注文をキャンセルすることしかできなかったと話している。

Uberはメールでこの費用について「運転手が予約を受けてから5分以上経過して予約を取り消す場合、10元のキャンセル料がかかります。」と説明した。

楊さんは、配車を利用していないのにキャンセル料がかかるのは妥当ではないと主張している。「私は自分の意思でキャンセルしたわけではありません。運転手に3回も電話をしました。1回目は通じず、その後の2回は誰も電話にでませんでした。」楊さんは、もしキャンセル料がかかるとしても、運転手側に費用を負担させるべきだと訴えている。「このシステムの抜け道は簡単にわかりますし、もし私が運転手側ならば、故意に迎えに行かなくても待機収入を得ることができます。」

楊さんはUberに対して苦情の電話をかけたかったが、Uberのサイトには電話番号は記載されていなかった。インターネット検索で、他のネットユーザーからの情報を参考にして、アプリ内の操作で苦情を送信した。これまでにUberは楊さんに10元を返金することを決めたという。

関連ニュース

2016/8/2
滴滴出行がライバル関係にあったUber中国の買収を発表。中国のネット配車サービスは事実上、滴滴出行の独占状態に。
今から2年ほど前、中国のネット配車サービスでライバル関係にあった滴滴と快的は熾烈な競争を続けていたが、その後この2社は合併し滴滴出行となった。それ以降、滴滴出行の最大のライバルはUber中国だったが…
2016/7/22
Uber中国の相乗りサービスが提供開始から1年経過。サービス提供中15都市のうち、5都市で黒字化、半数の都市で赤字を解消。
2016年7月21日、Uber中国(優歩)は相乗りサービス「人民優歩+(UberPOOL)」の提供開始から1年が経過したことをうけ、最新のデータを公開した。公開されたデータによると、中国は既に相乗り…
2016/6/4
百度、5年以内に自動運転車の大量生産を開始。香港のフォーラムで自動運転車の計画について発表。
「現在生まれてくる子供が成長したとき、彼らは運転免許書を取得する必要がない。」2016年6月3日、ウォールストリートジャーナルが香港で開催したConvergeフォーラムで百度高級副総裁および自動運転…
2016/4/19
微信が企業向けグループウェアの企業微信を公開。アリババの釘釘に正面から対抗。
4月18日、微信は企業向けグループウェアの企業微信を正式に発表した。企業微信の利用は無料で、動作環境はiOS、Android、Windows、Macとなる。利用したい企業はまずパソコン向けウェブサイ…
2015/12/6
中国全土でネット配車サービスの競争が激化。Uber中国は競合の滴滴快的に惨敗。
アメリカ発の配車サービスUberは中国市場で主導権を握るために数十億ドルの資金を投入してきたが、ライバル企業の滴滴快的との競争に苦戦を強いられている。調査会社アナリシス・インターナショナルが11月に…